コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

元秘書有罪、首相の責任触れず 政治配慮か 真実置き去り(産経新聞)

 現職首相の元公設秘書による重大事件の判決言い渡しは、わずか20分足らずで終わった。言い渡しのほとんどは認定した犯罪事実の読み上げに割かれた。判決には鳩山由紀夫首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)を批判する言葉が並んだものの、鳩山氏の責任には全く触れず、事件の真相は最後まで浮かび上がらなかった。初公判から1カ月足らずで判決に至るという異例のスピードで進んだ今回の公判から、国民が得たものは少ない。

 勝場被告は22日、開廷予定の約2分前、午後2時58分に東京地裁104号法廷に姿を現した。

 濃紺のスーツに小豆色のネクタイ。黒いネクタイを締めていた約1カ月前の初公判に比べ、服装は明るい印象だが、表情はこの日も硬かった。

 主文が言い渡された瞬間、一度うなずくしぐさをした勝場被告。その後は頭を小さく下げ、判決に耳を傾けた。

 判決後、取材に応じた勝場被告の弁護人は「本人は判決を厳粛に受け止めている」と述べた。

 弁護人は「清廉な政治家である鳩山由紀夫先生のイメージを損ないたくないとの思いから行った行為が、かえって先生にご迷惑をおかけすることになってしまったことは痛恨の極みであります。本当に申し訳ありませんでした」とつづられた勝場被告のコメントを配布した。

                   ◇

 現職首相の「政治とカネ」の問題が問われた今回の裁判。先月29日の初公判はわずか2時間弱で即日結審し、1カ月足らずで判決に至った。このため、実母から提供された12億円を超える巨額資金の使途など未解明部分が多く残された。

 異例のスピード決着となった最大の理由は弁護側の姿勢にある。通常、起訴内容を認めている被告でも、判決をできるだけ軽くするため、被告の情状面を指摘してくれる証人の出廷を求めるのが、刑事裁判における弁護側の常套(じょうとう)戦術だ。だが、弁護側は被告の家族や周辺者の証人申請を行わなかった。

 弁護側の関係者はこの理由について、今夏の参院選への影響を抑えることを挙げている。被告に有利な情状を訴えるよりも「鳩山氏の立場」を重視した結果との見方もできる。

 一方、検察側の冒頭陳述はA4判で6枚しかなかった。冒頭陳述は法廷で今後証明すべき事実を述べるものだが、現職首相の「政治とカネ」という重大問題にしては拍子抜けするものだった。

 こうして弁護側と検察側、そして地裁は速やかな訴訟進行を優先、公判の内容は証拠調べと被告人質問のみという中身の薄いものとなった。鳩山氏による釈明会見後も、誰もが疑問を抱いた「巨額の資金は何に使われたのか」「自身の政治活動の基盤となっている資金管理への首相の関与の度合いはどの程度だったのか」といった点を、司法の場が突き詰めることはなかった。

 今回のようなスピード審理では、結局どんな事件だったのか、国民に伝わる部分は少ない。「永田町」への“配慮”を優先した結果、多くの真実が置き去りにされたのであれば、刑事裁判への不信を招きかねない。(大泉晋之助)

事業仕分け第2弾、151事業が対象に(読売新聞)
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大-宮崎(時事通信)
両さん銅像 亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て(毎日新聞)
シバザクラ、まるでピンクのじゅうたん(読売新聞)
脱毛症治療に初のガイドライン―皮膚科学会(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)

 村上春樹さんのベストセラー小説「1Q84」(新潮社)の第3巻に当たるBOOK3が16日、発売された。昨年5月刊行のBOOK1、2は累計発行部数が244万部で、本書のヒットも確実視されている。
 東京・渋谷の「SHIBUYA TSUTAYA」では、入荷したBOOK3を棚1台専用にして配置し、午前0時に販売開始。夕方に仕事を終えてから待っていたという男性(22)は「前回手に入りにくかったので、早く買うことにした。今晩中に読みます」と期待を膨らませた。一方、東京や大阪などの大手書店では16日早朝に販売を開始。
 「BOOK3」は初版50万部だったが、発売前から20万部の増刷が決まっている。 

【関連ニュース】
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷
「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部
村上春樹氏に芸術文学勲章=スペイン
「1Q84」が年間ベストセラー1位

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か-容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
「私は某御曹司。自民に資金提供を…」190万円を振り込ませる(産経新聞)
「徳之島」白紙撤回を…鹿児島関係の国会議員(読売新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)
<山岳事故>福井の女性が滑落死…北ア・鹿島槍ケ岳近く(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)

 4月なのに「銀世界」――。

 17日朝は関東甲信から東北南部の広い地域で季節はずれの降雪を観測し、花冷えを通り越して冬将軍が舞い戻ったかのような天気となった。

 普段の週末は家族連れでにぎわう行楽地も人影はまばら。都心ではストーブ用の灯油が真冬並みの売れ行きとなる一方で、クリーニング店にコートやセーターを持ち込む人が減るなどの異変が起きている。

 東京・練馬の遊園地「としまえん」では、乗り物にかぶせた雨よけシートに雪がうっすらと積もり、職員らは開園前、モップなどを使って解けた雪を払う作業に追われた。

 同園は晴天の週末、1日当たり5000人ほどの来園者を見込んでいるがここ数日間の来園者はダウンジャケットやコート姿が目立ち、客足もほぼ半減したという。

 広報担当の工藤真一さん(54)は「遊園地は天候に左右される商売。これからゴールデンウイークに向けてかきいれ時なのに……」と話した。

 最盛期を迎えた潮干狩りも、厳しい寒さで客足が遠のいている。浜松市西区の浜名湖では人出がめっきり減り、入漁料に期待していた地元の遊漁組合の担当者は「今日は風も出て気温も下がり、水に入れる状態ではない。このまま天候不順が続くとつらい」と話した。

 イベントなどの中止も相次いだ。栃木県日光市の日光二荒山神社では、予定された例祭「弥生祭」の花家体(はなやたい)行列が中止に。1200年以上の歴史ある行事で、日光観光協会によると、中止は1969年以来。同協会では「大粒のボタン雪がみるみる積もって道が真っ白になってしまった。地元に親しまれている行事なので残念」と話した。

 また、福島競馬場では、午前9時の段階で10センチの積雪があったため、予定していた全12レースを中止に。4月に雪で中央競馬の開催が中止されたのは、1954年の日本中央競馬会設立以来、初めてという。

 長引く寒さから灯油の売り上げは好調が続いている。東京都江戸川区などでガソリンスタンドを経営する共栄石油によると、4月に入ってからのストーブ用の灯油の売り上げは、例年の2倍以上のハイペースで、担当者は「こんなことは初めて」と驚く。狛江市の燃料販売会社ニシヤマでも、17日は開店直後から灯油配達の注文が相次ぎ、社員は「真冬並みの需要」と目を丸くした。

 街の商店にも影響が出ている。豊島区の巣鴨地蔵通り商店街の近くのクリーニング店「丸久」では、例年なら3月下旬から増えるコートなど冬物衣類の持ち込みが減った。同店の村川よしさん(71)は「冬物は例年の3分の1程度。早く暖かくなってくれないと、このままでは経営が苦しくなる一方」と頭を抱えた。

<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
米紙コラム、「一国の首脳に非礼」官房長官(読売新聞)
羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目-国交省会議(時事通信)
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

介護保険制度前の利用負担減免で通知―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、介護保険法が施行される前から特別養護老人ホームに入所している利用者の費用負担を減免する経過措置について、各都道府県に通知した。減免措置を受けるための認定証の有効期限を6月30日まで延長するというもの。

 3月31日に公布、施行された改正介護保険法施行法で、同日終了する経過措置期間を延長したことに伴い、毎年6月末までに更新する認定証の有効期限も延長する必要があった。


【関連記事】
改正介護保険法施行法が成立
地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省
介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府

山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
懲戒処分、こんな時に重くします…大分県が通達(読売新聞)
普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)
「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
ラグビー元日本代表 列車にはねられ死亡(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

与謝野氏ら、新党結成を検討=月内めど、平沼氏との連携も(時事通信)

 自民党の与謝野馨元財務相と園田博之幹事長代理が月内に新党を結成する方向で検討に入ったことが2日、分かった。自民党関係者が明らかにした。与謝野氏らは、新党結成の意向を表明した無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も視野に準備を進める方針だ。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

菅原文太さん、河村市長の応援団長に(読売新聞)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
首相動静(4月5日)(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。